702NKアプリ紹介「Time Machine」

  • 2006/02/06(月) 21:46:37

過去や未来に行ける装置ではなくて。

アラームとストップウォッチとタイマーの機能が一体になったアプリです。10日の試用期間があるので、試してみましょう。「Alarm Manager」「Pocket Counter」「Egg Clock」が一緒になったようなものだと思えば良いのかも。「同じように時間を扱うんだから、一緒にしてしまえ!」というのは、健全な発想だと思います。はい。

06-2-7-01.jpg
起動した際のメイン画面がこんな感じ。ここでオプションからSettingでデフォルトアラーム音や音量の設定をしておこう。特に音量は他の画面ではいじれないので、要注意。


06-2-7-02.jpg
アラームはいくつでも作成出来るみたい。繰り返しも、日・週・月・年の設定が可能。たとえば繰り返しに「Days」を選んだら、次に曜日を設定。そうして月〜金までの朝のアラームを作ったのがこの画面。

06-2-7-03.jpg
ストップウォッチはオプションから「New」を選ぶと新しいストップウォッチが現れる。これもいくつでも作れるみたい。たとえばA君、B君、C君のタイムを別々に計る場合には新規に3つ作成。1キーでスタート、2キーでラップ、3キーでストップ。それぞれのラップごとの結果はオプションからResultを選ぶと表示される。同時スタート・同時ストップは出来ないけど、同時に並列で複数のストップウォッチを動かす事は出来る、これはスゴイかも。結果の削除は「C」キーで。

06-2-7-04.jpg
次にタイマー。デフォルトでは5秒になっているので、時間はオプションから設定。その際にアラーム音の設定もしておこう。目覚ましには比較的うるさくない曲を設定しているボクのような人だと、同じ曲ではタイマーの役目としては物足りないと思われます。


メイン画面からOKを押すと常駐します。オプションからExitすると完全に終了。「Auto Start」オプションがONになっていれば自動的に起動するようになっていると最高だったのだけど、残念ながらこれは電話機を起動した時に「Auto Start」する機能。なので、Operaなどのメモリを食うアプリを使ったときなど、知らない間に「Time Machine」が落ちているなんて事を考えると、アラームとして常用するのはちょっと怖いかも。



   


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=