702NKアプリ紹介「MumSMS+」

  • 2005/02/21(月) 16:32:32

人それぞれの使い方によってカスタマイズ出来る702NK。左右のソフトキーとナビゲーションキーの、どのボタンにどの機能を割り当てるかなんてことまで出来る。メールをすることが比較的多いので、左ソフトキーに「メール」、右ソフトキーには「FExplorer」を割り当てている。

自分で使っている時にはボタン一つで目的の機能が開くので便利なのだけれど、その反面、ちょっと友人に702NKを見せたりする場合にワザとでないにしろ、メールボタンを押されて中を見られてしまう可能性もある。変なメールをやり取りしているわけではないけど、やっぱり私信を他人に見られるのは良い気がしないものだ。

05-2-21-1.jpg

「MumSMS+」
見られたくないメールを隠してくれるソフトだ。


そんなとき「MumSMS+」が役に立つ。一つ一つ隠したいメールを選んでも良いし、フォルダの中身を全て隠すことも出来る。隠されたメールは標準のメーラーでは読むことが出来ないだけでなく、メールがあることさえ隠されてしまう。読むためには「MumSMS+」を立ち上げなければいけないが、起動時にパスワード入力をするように設定しておけば、隠したメールを他人には見られないという事になる。

「Profiles」で電話帳から相手を選び出し、そのリストに基づいた動作をさせることもできる。具体的には、このフォルダの中のメールで、リストに入っている人からのものを隠す、または入っている人以外からのメールを隠す。といった設定が出来るのだ。

さらに、「Monitor On」の状態ではリストに基づいて新着メールを自動的に隠したりもしてくれる。しかもバックで動かしていなくて良い。自動で隠されたメールはもちろん標準メーラーでは見れない。標準メーラーで送信したSMS・MMS・下書きまでも、リストに基づいて自動的に隠してくれる。残念ながらE-mailとE-mailフォルダには対応していない。

さらに気が利いているのは新着メールが届いた時。普通、新着メールが届いた時には画面に「新着メッセージがあります」と出るのだけど、それが出てしまったら隠しているのまでバレてしまうかもしれない。そこで、自動で隠す対象となるメールが届いた時には、英文でわけのわからないエラーのような文章が出る(内容は変更可能だと思う)のだ。これを初めて見たときには驚いたけど、その目的がわかったら変に納得できてしまった…。



   


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=