LUXMAN L-580 生まれ変わる

  • 2012/12/28(金) 15:06:06

あ、タイトルだけで言いたい事を言い切ってしまった気がする。

先日修理に出したLUXMAN L-580が帰ってきた。年末混んでいるかもしれず、年内に戻ってこない事も覚悟していたけど、なんとか間に合わせてくれたようで、それだけでも嬉しい。

故障・不調箇所は複数あって、せっかくの機会だから出来るだけ延命させようと、メンテナンスキャンペーンの基本作業と追加作業まで全部やってもらった。金額的には相当かかってしまったのだけど…。

綺麗に梱包されて戻ってきたL-580を慎重に梱包から出して元の場所へ設置、もちろん電源ケーブルの位相チェッカーもキチンと確認しなきゃね。いそいそと手早くコード類を接続してスイッチオン。入力をCDにしてソースダイレクトを選び、ボリュームを上げDP-07のスタートボタンを押す。


うわぁ…


一聴してこれまでの音と違うのがわかる。何?この音の鮮やかさ!そして定位の良さ…。スピーカーを完全に制御して音の空間を大きく広げていく。

もしかするとL-580を手に入れたばかりの頃には、すでにあるべき性能はある程度失われていたのかもしれない。そして、そのまま劣化が進んでしまっていたのかも。近年は聴いていて「おや?」と思う事が少なくなかったのも確か。気にはなっていたけれど、アンプのせいかどうかも突き詰めずに放置していたのだ。

ダメになったアンプトランジスタ・コンデンサ・スイッチ類を根こそぎ交換、ボリューム分解清掃、ハンダ修正…数々のメンテナンスメニューでしっかり復活したL-580の音には、一点の曇りも無い。心地良い風のような音の波が身体を取り巻いて去っていく感じ。これは間違いなく手に入れた時よりも能力が上がっているはず。

久しぶりに「ずっと聴いていたい」と思った。年末年始は音楽三昧だなぁ。



   


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=