SENNHEISER MX580

  • 2011/02/26(土) 20:31:58

通勤時に使っていたヘッドフォンSENNHEISER MX550がヘタってしまい、MX550のちょっと前に買っていたMX450を持ち出してきてここ2年くらい使っていたら、やっぱりヘタってきた。耳に付けるとこのあたりから、プラスチックが外れかかったような「パキャパキャ」っていうような音がする。これはMX500もMX550もそうだったから、このシリーズの「そろそろ替えどき」サインなんだろうか。

というわけで、またしてもSENNHEISERを買う。MX550は廃番で調べてみたら新しい機種が色々出ているけど、あんまり高いのはパス。電車とかのノイズが多い環境で使うヘッドフォンに、出来れば5千円以上は出したくない。でも、出来るだけ良い音質で聴きたい、

他のメーカーも入れれば選択肢はいっぱいあるのだろうけど、悩まずSENNHEISER。ボリューム付きで、普通の(カナル型じゃない)タイプで…となるとMX580/581だよね。581は左右で色が違うのだけど、シンプルにMX580にした。

なんか付属品が増えてる。まず、イヤーパッドが3種類。全体に被せる昔ながらのスポンジタイプと、ドーナツ型のゴムリングと、ドーナツ型の周りに花びらみたいな、耳との密着を助けるヒレが付いたゴムリング。周りのノイズと音漏れを極力遮断したいならヒレ付きのリングが良いけど、装着が少ししづらいかな。でもしばらくこれを使ってみよう。

あとの付属品は、コードを洋服やカバンなどに留めておくクリップと、小さいポーチ。MX550などに付いていた丸い収納ケースは無くなってる。あれ、実際使わないからなぁ…。

音質はというと、低音の量感が増した感じがする。でもこれは密着度とも関係が深いから、そのせいかもしれない。それより、分解度というか細かい表現力が上がっているという感じがした。スーっと消えていく余韻のあたりも心地良い。

ほぼ毎日使うヘッドフォン、また数年付き合えるだろうか。



   


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=