カメラアプリを探す

  • 2013/01/26(土) 13:11:27

標準のカメラアプリはなかなか高機能なのだけど…。

設定項目は割と充実していて
・シーン(オート・マクロ・夜景・スポーツ…)
・ISO(100,200,400,800)
・露出補正(-2〜+2、1/3ステップ)
・ホワイトバランス(オート・曇り・太陽光・蛍光灯・白熱灯)
・縦横比(16:9・4:3)
・AF補助光(オン・オフ)
・フラッシュ(オート・オン・オフ)
・ピンチズーム可能(当然画質は落ちる)

これらは比較的簡単に変更する事が出来る。特に露出補正はありがたい。でも、2つほど不満点が。


1つ目はオートフォーカスとシャッターの事。Lumia820のカメラでは2種類の撮り方が出来るのだけど、どちらにもそれぞれの問題がある。

・シャッターボタン半押しでAF、押し込んでシャッター
基本的に横位置専用。オートフォーカスは画面中央固定なので、ピントを合わせたい被写体にピントが合ったら、半押しのまま距離を変えずに構図をズラしてシャッターボタンを押す(いわゆるフォーカスロック)が必要。

・画面をタップしてAF・シャッター
構図を決めてからピントを合わせたい部分にタッチするとそこにピントが合う。そこまでは良いのだけど、そのままシャッターが切れてしまう。ピントだけ合わせておいて、撮りたい瞬間に撮る…という事が出来ないのです。

2つ目はタイマー・連写。どちらも設定が無いのです。


そこで探して見つけたのが「セルフカメラ」。


露出補正やISO等の細かい設定は出来ない代わりに、上の2つの不満を解消してくれる。
シャッターボタンでのオートフォーカス・シャッターの挙動は標準アプリと同様だけど、画面タップではピントを合わせるだけ。画面右下のカメラの絵になっているシャッターボタンを押すと撮れる。

連写・タイマーの設定はこんな感じ。上手く使えば手ブレ防止にもなるはず。
・連写(一枚撮り・3枚連写・5枚連写)
・タイマー(切・2秒・10秒・30秒)

こちらも不満点が2つ。

1つ目は、標準カメラアプリにある各種設定が出来ない事。

2つ目は、アプリを終了すると設定項目が初期化されてしまう事。特に、フラッシュはオートにしておくとちょっと暗いところではAF補助光が光ってしまうので基本的にオフにしておきたいのだけど、アプリを起動した時についつい忘れてしまいがち。なので設定は保存しておいて欲しい。

それ以外での注意点としては、4:3での撮影にしか対応していないので、どうしても16:9のワイドな写真を撮りたい人には不向きかな。ズームも出来ないけどクロップする等すればいいだけなので、これは個人的には特に不満なしです。



   


Lumia710をWindowsPhone7.8へ

  • 2013/01/19(土) 19:06:20

なかなか7.8への更新が来ないLumia710を、やっぱり手動でアップデートしました。

Lumia820と同様「Nokia Care Suite」で行うのだけど、結果的に少しイレギュラーな方法になって、しかも結果オーライな形に。何故そうなったのかもよくわからないので、再現出来ない可能性があります。そこは予めご理解を。

さて、手順はほぼLumia820と一緒。Recoveryで上手くいったので、Refurbishメニューは使っていないのだけど、結局端末は初期化され、データ・アプリは再構築しなければならなかったです。

イレギュラーな手順は、次の通り。
・端末のVariantは台湾(059M643)だったので、対応するファームウェアをダウンロード
・しかし、台湾ファームは従来のバージョン(7.5)だった
・ダウンロード中にアップデートはキャンセル
・ファームウェアデータのダウンロードは続行

・7.8になっているインドファーム(059M161)を選択してファームウェアをダウンロード
・両方のファームウェアがダウンロード完了
・台湾ファームを選んでファームウェア更新作業

⇒何故かWP7.8に更新されたが、台湾ファームのVariantのまま
 (内容的にはインドファームの内容が混在か?)

ちょっと使った限りではファームを混在させた事による異常は特に見当たらず。ただし、期待していたラジオは「日本」を選んでも周波数が対応しないエラーがそのまま。

WP8と同様に1/4サイズタイルが置けるようになり、画面だけはそのままWP8と同じように出来る。タイル上バッテリー情報表示など、WP8でないと対応していない機能は当然使えない。Lumia820を触った後だと、さすがに動作がトロッとする感じがする。

違いはあるけれど、UIがWP8とほぼ一緒になったことでバックアップ機としては使いやすくなったかな。正式に7.8になった台湾ファームが出たら、また焼直してみようっと。



   


Snes8xで遊んでみる

  • 2013/01/18(金) 22:35:24

SNESエミュレータです。ハッキリ言って良く出来てます。無料です。ここからダウンロード。

Windows Phone 8専用です。

ROMは一旦Skydriveに上げておいて、アプリ側でダウンロードする仕組み。zip等で圧縮していると一覧にも出てこないので、あらかじめ展開したものをアップしておく必要があります。

スクリーンショットのように、画面表示はディスプレイの2まわりほど小さい表示で、そこに被さるように操作ボタンが配置されます。なので、視認性が悪い部分は仕方がない感じ。

十字キー・4ボタンの位置は上方へ配置することも出来、その場合は逆に「L・R」が下側に配置されます。まぁ、それほど大差無いと思いますが。こんな感じなので、操作が忙しいゲームには向きません。

画面の動き・音楽の再現性はとても高く、メッセージなどは元の機体よりよっぽど早いのではないかと感じるほど。

とは言え、こういったエミュレータって、動くことで満足してしまって実際に遊ぶことなんて極めて稀なんですけどね。



   


Lumia820ファームウェアを手動アップデート

  • 2013/01/18(金) 12:24:16

昨日あたりからLumia820の新しいファームウェアが出ています。
が、端末から更新の確認をしても出てこないので、PC経由で行いました。

まず、「Nokia Care Suite」を入手、PCへインストールします。
「Nokia Care Suite」を起動して、メニューから「Product Support Tool For Store 5.0」をダブルクリックして起動。

Lumia820をUSBで繋げると認識する(しなかったらFile⇒Open ProductでLumia820を選択)。
左下のメニューのProgrammingからRecoveryをすると更新出来るはず…なのですが。
接続された端末のプロダクトコードを認識して該当する更新が表示されたら右下のスタートを押すと1.36GBもの更新ファイルをダウンロードして、いざ更新…というところでエラーが。

仕方ないので必要なデータをあらかじめバックアップ(といってもほとんどクラウド上またはPCに保存されているデータのコピーなので量は無かったけど)してRefurbishを選択。
当然端末内のデータはまっさらになります。先ほどダウンロードしたデータはPCの中にあるようなので、一からダウンロードという事はありませんでした。

MicroSDを入れたままだと警告メッセージが出ますが、とりあえず「無視」で進めてしまいました。
MicroSD内のデータは削除されなかったけど、気になる人は先にMicroSDを抜いておくと良いです。

あとは誤ってUSBが抜けたりしないように端末にさわらず、じっと待つだけ。
しばらくすると更新が終わり、購入時のように言語選択からアプリインストールまで設定を復旧。
Symbian端末の時より復旧の為の操作はだいぶ少ない感じです。クラウド環境万歳?

少し触った感じでも、サクサク・スルスル感が向上しているのがわかります。
また、「ディスプレイ+タッチ」には、太陽光の元でも見やすくする、バッテリーセーバーをオンの時には画面をさらに暗く抑える、といったメニューが増えています。

「ネットワーク+」にも「SMS文字セット」というメニューが増えていますが、これは「完全」のまま触らない方が良さそう? …よく判りません。
※ここで誤植発見「完全」をタップすると現れる選択肢に「最適化済」が「私的化済」になってるものが…

そのうち端末にも更新通知が来るでしょうが、待ちきれない人はぜひ。



   


大容量モバイルバッテリーを購入

  • 2013/01/12(土) 22:17:09

購入当初よりは多少マシになった気はするけれど、Lumia820はネット通信を伴う動作をさせた場合の電池消耗が大きい気がする。ネット閲覧自体が快適でどんどん見てしまうから、なおさらそう感じるのかもしれない。

調子に乗って外出先でスルスルっと見ていると、気づいたらかなりの電池消耗。これは精神衛生上悪い。なにより、いざという時に電池が無いようではダメなのです。まだまだ余震も怖いしね。

今まで持ち歩いていたモバイルバッテリーは軽いのが取り柄で、2000mAhと一世代前は充分ながら、このご時世では心もとない。そこで、大容量のものを探すことにしました。

10000mAhの「cheero Power Plus」が2千円台で好評らしいけど、色々見ていたらほぼ同価格で容量が大きい12000mAhの「High PowerBank」というのを見つけました。重さは若干こちらの方が軽い。容量は本当かどうかはわからないけれど、少なかったとしても気にしない。

説明書等では見つけられなかったのだけど、充電中にも他の機器を接続して充電できる「フロート充電」が出来ました。

注意点は「充電用の端子がMiniUSB」「100V電源からの充電は、別途ACアダプタが必要」の2点。

USB-MiniUSBは付属ケーブル・端子セットで出来る。ACアダプタは下のような急速充電対応(出力が大きい)のがあると便利です。PCからのUSB充電では、大容量だけに充電が終わるまでかなりの時間が必要ですから。

 



   


オンラインストレージを使う

  • 2013/01/12(土) 14:20:35

オンラインストレージを使う場合、WindowsPhoneならSkyDriveが便利。
OSの機能に組込まれていて端末内のファイルとほぼシームレスにやり取りが出来るし、使い始めた時から無料で7GBの保存スペースが使える。ただ、純正のSkyDriveアプリの出来が良くないのがネック。写真をアプリ内で表示出来ないとか、早くどうにかして欲しい。見るだけなら、フォトの中でSkyDriveフォルダを見ればいいんだけど、ファイルのフォルダ間移動なんかをしたい場合にちょっと困る。と言ってたらちょうど更新が来て修正されてました。

一方、以前から使っていたストレージサービスがあったり、別に運用したい場合もあるでしょう。単に保存スペースをたくさん欲しいというのもあるかもしれない。他のサービスだとまだまだ純正のアプリが出ていなかったりするのが辛いところだけど、純正でなくてもいくつか使えるものがあります。純正でないからこそ、SkyDriveとの連携が出来たりもします。

Dropboxの場合は「BoxFiles for Dropbox」はフォトの共有メニューに反映されるし、使い勝手もそこそこ悪くない。フルバージョンだとSkyDriveへのアクセスも出来る。持っていない人はDropboxの無料アカウントをとってみましょう。初期保存スペースは2GB。

SugarSyncの場合は、無料の「Caramel for SugarSync」がおススメ。無料ながらSkydriveへアクセスして画像表示も出来る。まずはSugarSyncの無料アカウントをとってみましょう。初期保存スペースは5GB。

こういったサービスを使って、SkyDriveのバックアップを取るという使い方をするのも良いかも。



   



title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=