Fast Panel

  • 2011/04/28(木) 23:24:29

あると嬉しい、ユーティリティツール。ダウンロードはここから。

待ち受け時の画面上部中央に、パネルを開くスイッチとして二重線が表示されます。閉じる時もパネル下部の二重線を押すだけ。

スクリーンショットのようにWi-Fi・Bluetooth・サイレントモード・スクリーンライト(白い画面を表示して明るさを調整、懐中電灯代わり?)・電池残量(この項目だけは『見る』のみ)・ブライトネスの6項目でオンオフ等が簡単に出来ます。

セッティングからは、ロックを「画面左上のタップ」・アンロックを「カメラキー」でも行うか否か、ライトセンサーを使うかどうか、このアプリを端末起動時にオートスタートさせるかどうかの設定が可能。

Bluetoothとブライトネスの設定が簡単に出来るっていうのが特にいいです。



   


Different Tack 1.0.1

  • 2011/04/23(土) 13:07:18

Twitterクライアント「Different Tack」が改良されています。

じつは従来のものには大きな問題がありました。それは、一度アプリを落とすと既読のtweetが未読扱いになってしまうという事。今回のアップデートでその問題が解決され、既読は既読として処理されるようになりました。

ますます手放せないアプリになってしまいました。



   


New hack for all Symbian

  • 2011/04/18(月) 21:49:10

今日は記念すべき日になったのかもしれません。

CODeRUS氏発の、新しいHack方法です。まず、ここから必要なファイルをダウンロードします。そして、手順通りにインストール。

1. Install CertUpdater.sisx
2. Sign CertHack.sis using your own Devcert
3. Install signed CertHack twice!
-. Phone now hacked!

手順2はFreeSignerとopda certを用意しておけば大丈夫。この手順でHack完了後、FreeSignerにセットするcertとkeyを同梱のLeftup_certとkeyに変更すれば、Hackが必要だったアプリがインストール出来るようになります。

システムファイルを扱える「Nokia File Browser」を入れれば、privateやsysなどのシステムフォルダもアクセス可能。C:のsys/binにinstallserver.exeを入れることも出来てしまうので、そうすればunsignのインストールファイルがそのままインストール可能に。

これからが楽しみになってきました!この感覚、懐かしい…



   


Nokia E7

  • 2011/04/14(木) 22:34:12

昨年の発表時から狙っていたのです。

2010年中に出るはずが、年内に出ないという事になってC7を購入。端末としては、「意外に」と言ってはなんですが、C7はホントに良いです。カメラを重視しないのなら、そして見た目でN8に惹かれないのなら、中身重視でN8よりC7をオススメしちゃいます。C7でSymbian^3の挙動や付き合う上での問題点なども見えてきましたし、自分的には良かったんじゃないかと思ってます。


色はブルーが良かったんです。

発売されたと思ったらブラックとシルバーしか出てこない。しばらくしたら出るかと思っていたのに、まだまだ出てこない。ファームウェアのアップデートがあったのに出てこない。次の新機種の情報が出てくるけど、E7のブルーは出てこない。さすがに諦めました。


5万円が一つの目安だったんです。

「5万円くらいになったら…」と思って、購入ボタンを押さないようにストッパーをかけていたんです。円が高値で推移して、E7自体の値段がガクンと下がったから、送料含めて5万円切るくらいになっちゃったじゃないですか。


というわけで、来ちゃいました。それまでのC7と同じ程度の設定をひと通りするのに3時間ほど。結構サクっと。


【一日使った感想など】
・重いです。ちょっと使った後にN8とかC7とか持つと、軽くてビックリします。

・画面がデカくて見やすいです。3.5インチと4インチの差はそれなりにあります。

・キーボードを出す操作は、N97miniと同じようにスライドさせようとするとやりにくく、指に引っかからずに滑ってしまう。ちょっと上から押しこむようにすると、画面上部が上がりそのままスライド出来ます。

・動作の速さ的にはC7と変わりません。3兄弟の中で、N8はちょっと不安定?

・画面周りのフレームとガラス面の境の仕上げが、N8と違います。N8はフレームが二重になっていて丸く指に優しいけれど、E7はフレームがガラス面より一段高くてエッジが立っているので、境を撫でるとちょっと痛々しいです。もちろん怪我するような事は無いですが。

・EUROファームにして、マスストレージモードでPCに繋ぎ、Eドライブに日本語フォントを入れました。ちゃんと認識されてます。

・Qt4.7.3セットをインストールしたので、Ovi Storeなども文字化けしてないし、ちゃんと動作しています。

・キーボードを押した感じは、N97miniより好ましい。でも、今のところあまり使い道が無いのが寂しく、厳しい…。当分タッチ操作が主体。

・本体メモリ(ドライブC:)は、C7と同じく500MBほどでN8の倍。アプリとかデータとか溜まってきたとき有利なのは嬉しい。



というわけで、キーボードが使えるようになれば、画面の大きさも含めて、C7を上回る満足度になるんじゃないかというところ。今のままだと『C7の4インチ液晶のバージョンがあったらいいのに〜』って感じ。それはひとえに重いから。

もう少し色々出来てくると面白くなるかもしれないです。



   


Dorian E-Book Reader 0.4.4

  • 2011/04/09(土) 20:16:25

EPUBフォーマットの電子書籍を読むアプリ。ダウンロードはここから。Symbian用のインストールファイルを持ってきます。

このDorian、Qt4.6.3用だからなのかもしれないけれど、まだちゃんと動きません。でも、動かせれば動作はサクサクです。

起動するのにちょっと時間がかかります。これがまず一つ目の課題。Optionを押すと落ちます。これが二つ目の課題。

起動に時間がかかるのはどうしようもないので、しばし待ちます。で、Optionを押す前にメニューアイコンの左から2つ目のタグみたいな「Bookmarks」に入ります。で、さらに一番左のアイコン「+」をタップ。そしたらキャンセルで戻ります。

今度はOptionを押しても落ちません。そこで必要な設定をし、ライブラリーにEPUBファイルを登録し、あとはフルスクリーンで読むなど自由に出来ます。

画面右上に次のページに進むボタン、左下に戻るボタンが隠れていて、そのあたりに触るとボタンが一瞬表示されてページが移動。その動作は素晴らしく速いです。スクロールとかも何だかわからないくらい滑らか。

フルスクリーンで読み始めるとメニューに戻れないとか、フルスクリーンと言いつつメニューが邪魔とかいろいろあるので、早いとこ新しいバージョンが出てくれることを祈ってます。



   


Qt4.7.3

  • 2011/04/07(木) 16:04:03

Qt SDK 1.1RCをPCにインストールします。

QtSDKフォルダの中に「Symbian」というフォルダが出来ます。「sis」>「Symbian^3」の中から、「qt.sis」、「qtwebkit.sis」、「qtmobility」を取り出し、C7にインストール。

動きは多少軽くなったかもしれませんが、気のせいかも。「Layar Reality Browser」は起動してすぐに落ちてしまいます。環境によっても違うかもしれません。

Qtに原因があるのか、アプリ側にあるのかわかりませんが、なんかまだ不安定なのかも。



   



title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=