フォント変更にチャレンジ

  • 2006/11/29(水) 21:48:35

Internet EditionになったN80は、メモリカードのresource/fontsに置いたフォントファイルを読みに行きます。行くんですが、一筋縄ではいかなそうです。

簡体中国語/英語版になっているので、「S60SC.ccc」「S60TCHK.ccc」を置き換える必要があります。まず、オーソドックスに(?)日本語版で使用する「S60J.ccc」をリネームして入れてみますが、見事にトーフ。

PCにあるMSUIゴシックを「S60SC.ccc」などにリネームして入れると、日本語として表示されるのだけど文字が若干大きくて上部が切れてしまうんですね。いくつか他のフォントでも試してみたんですが、どれもこれも同じように上部が切れます。

全体的に70%くらいにリサイズしないとうまく表示出来そうにないですねぇ…。



   


「X01HT」のソフトウェアをバージョンアップ?

  • 2006/11/29(水) 16:17:37

ソフトバンク、「X01HT」のソフトウェアをバージョンアップ

ソフトバンクモバイルは、HTC製のスマートフォン「X01HT」のソフトウェアのバージョンアップを発表した。ソフトバンクモバイルのネットワーク側の更新に伴うもので、旧ソフトウェアのままでは2007年4月1日より「X01HT」でパケット通信が行なえなくなるため、同端末のすべてのユーザーが対象になっている。

機種自体の事はあまりよく知りませんが、アクセスポイントの事だけは興味があったんです。ボクにとって、1万円以上もする「定額」が選択肢に入らないというのは置いといて。気になったのは太字にしたところ。「X01HT」専用だったのに実は他の機種でも使えちゃう「オープン…」を塞ぎにきたんじゃないかと思いましたが、ホントのところはどうなんでしょうね?



   


N80 Internet Edition

  • 2006/11/29(水) 11:01:19

ファームウェアが「v 4.0623.0.42」になったボクのN80。「これで最新だな」なんて思ってたら、違いました。最新のファームは「v 4.0632.0.38」でした。これはN80 Internet Editionのファーム。当初は末尾だけ見てたんで、「42より低いから、ちょっと前のなんだなぁ」なんて思い込んでいたんですよ。でも、2番目の数字が0623から0632に上がってる。23と32じゃ見逃しても仕方ないか…。

どうせ「v 4.0623.0.42」のままでも日本語環境は無いし、フォント変更も行き詰ってるし、やるだけやったれ!という感じでサクッとアップ。さすがインターネットエディション、今度はAPAC版でもFOTAが入ってますよ。

06-11-29-01.jpg


他にもインターネットエディションならではのおまけ(?)がいっぱい。

待ち受け画面で「Active Standby」をONにしておくと、ネットワークスキャンアプリ(?)が常時起動していて、簡単に無線LANの有無を調べる事が出来ます。普段はスキャンをオフにしておく事が出来るので、電池が激減する心配は無し。

普通のN80には無かった「インターネット」フォルダが最初からあります。「Download!」という謎のアプリを起動すると、WLAN WizardやZIP Manager、Podcasting、Quickoffice、Adobe Readerなどなど追加アプリをダウンロード出来ます。もちろん無線LANで。ここに「Gizmo VoIP」というアプリがあるんですよ。じつは最初からインストールされていて、「Internet Tel」というアプリ名に変わってしまいます。まだ設定の仕方や使えるかどうかなんて事が全然わかってないんですが、これって…。


そうそう、メモリカードのresource/Fontsにフォントファイルを入れると、今回は読みに行くみたいです。でも、入れたフォントファイル自体がおかしいのか、全てトーフになってしまったのでフォント変更はひとまず延期。



   


eneloopを購入

  • 2006/11/28(火) 23:11:46

ファームのアップデートで少し電池のもちが延びたような気がしますが、元々少ない容量のN80。やはりいざというときの電源確保は重要です。既にヘラクレスマルチは手元にあるのですが、入れる電池が困り物。

単三アルカリ電池を安売りしている時に買っておくのが良さそうですが、基本的に「使い捨て」な電池なので気分的にちょっと…。かといってニッケル水素充電池は自己放電が激しく、使おうと思った時には残りわずかで使い物にならず、結局コンビニなどで割高のアルカリ電池を買う羽目になるのは目に見えているし…。

それなら以前から気になってた「eneloop」でしょ、という事で買いました。最近のニッケル水素充電池よりは2割ほど容量が少ないですが、自己放電が比較にならないほど少ないので「充電しておいていざという時に使う」使用法にはピッタリ。携帯の充電だけでなく、単三型電池を使うデジカメなど他の用途にも使えますしね。

他のニッケル水素充電池同様、電圧が1.2Vと一般のアルカリ乾電池の1.5Vより低いですが、ヘラクレスマルチでのN80の充電には支障がありませんでした。もっと早く買っておけば良かったかも。



   


Opera Mini 3.0

  • 2006/11/28(火) 22:27:29

Opera Mini 3.0がβ版から正式版になりました。β版の時は2.0とは別にインストールされていましたが、正式版になったので2.0に対して上書きインストールされるようになっています。

2.0の時よりサクサク動作するように感じます。いいですね!



   


Nokia Podcasting 1.00.2

  • 2006/11/28(火) 21:56:53

ほんのちょっとだけマイナーバージョンアップです。ダウンロードはここから。

1.00.0では、デフォルトのダウンロードリミットが保存メモリの25%までだったのに対し、今回は75%に引き上げられています。ボクは1.00.0の時には40%くらいに引き上げていたのですが、1GBのminiSDですし、聴いたポッドキャストは削除してしまうので、40%でさえ必要なかったです。

今回のバージョンでは上書きインストールしてもエラーが発生しなくなったようですが、ボクにはエラーの記憶がありません。β版をアンインストールしてから1.00.0のインストールをしたんだったかな?

とにかく無線LAN搭載機種にはインストールしておいて損は無いアプリですよね。



   


何事も経験ですよね!

  • 2006/11/27(月) 15:38:27

気になったのでやってみました。N80のファームアップですよ。これだけ色々改善されてるんですから。しかもその後にまた若干改善されてるんですから。日本語環境と離れるのは辛かったけど、前に道がある以上行かなきゃならないんです(意味不明)。変なツールを使ったり、海外のサイトを調べたりと、かなり大変だったうえに他の人に説明出来る自信が無いので、自分で解決出来る人にしかオススメしません。あくまでも自己責任ということで。


さて、メニューなどが英語になっても、既にわかってる操作なので問題はありません。何とかしなきゃいけないのは、日本語表示のウェブを見る事が出来ることと、メールが読めること、そして日本語を書き込めることですよね。

ウェブやメールを見るのは、フォントの問題なのであらかじめ日本語化N80からフォント「S60J.ccc」を抜いておきます。それを他言語のフォントファイル名に変更したり、他の日本語TTFファイルをリネームすれば何とかなりそう。書く方は「PiClip」という日本語入力支援ソフトがあります。(これが無ければ踏み切れませんでした。作者のあやまどり様、ありがとうございます)

N80のバグなのかボクの環境が悪いのか、メモリカードへのバックアップはうまくいきませんでした。電話帳やカレンダーデータは702NKと同期させ、他の必要なデータはPCに移行しておき、アプリ関係は後から改めて入れ直すことにしました。


1.とりあえず上げてみました
もとのN80のファームは「v 3.0617.0.6(13)」でした。Nokiaのサイトから「Nokia Software Updater」をダウンロードし、N80をUSBケーブルで繋いで書き換えです。「v 4.0623.0.41(11)」の英語・簡体中国語版になりました。「Nokia Software Updater」では「v 4.0623.0.41」までしか上がりません。最新ファームは末尾42、何とか最新まで上げてみようかと。

コネクト>デバイスマネージャを見ると、通信を利用してファームを書き換えるFOTA (Firmware Over The Air)があると思ったんですが、ありません。どうもAPAC向けにはFOTAの設定が入っていないようです。FOTAを体験して42に上げてみようと思ったのに…。


2.ヨーロッパ版にしてみました。
FOTAはヨーロッパ版(EMEA)に存在しました。NSSというツールでN80のコードをヨーロッパのコードに書き換えて、再び「Nokia Software Updater」でファームを書き込みます。バージョンは「v 4.0623.0.41」のヨーロッパ版(01)になりました。デバイスマネージャにはしっかりとFOTAがあります。早速無線LANでプログラムをダウンロードし、N80単体でのファームウェアアップデートに成功。


3.APAC1に書き換え
メモリカードのresource/Fontsに日本語フォントのファイル名変更したものを置けば、日本語が読める環境になると思いきや、全く読めません。Y-BrouserでZの中のresource/Fontsを見た通りのファイル名を用意したり、GDRファイルを入れたり、色々やったんですけどね。どうもメモリカード内のフォントを読んでくれない感じです。仕方ないので、可能性を求めてAPACの中からAPAC1を選びました。別に香港版でもシンガポール版でも良さそうですが…。

「v 4.0623.0.42」のファームデータと、Phoenix関連のファイルを、Nokia PC SuiteなどNokia関係のソフトが全く入っていないPCにインストールします。じつはここが一番手間取りました。で、うまくインストール出来たら「v 4.0623.0.42」APAC1版(11)を書き込むだけです。これは意外に簡単でした。

読む事については、半角カナが文字化けする以外は、ほぼ大丈夫そうです。文字の形が少し違う字もありますが、差し支えなさそうです。相変わらずメモリカード上のフォントは読み込んでくれていません。APAC1に合せてZの中のフォントファイル名(地域によって違う)に合わせたりしたんですけどねぇ。読まない仕様になったのかな?そうそう、APAC1に書き換えた事で、やっぱりFOTAの設定は無くなってしまいました。


Catalogs、Search、Wireless Keyboard、Quickoffice、Adobe PDF、Anti-Virusなんかが最初から入ってます。動作はちょっと安定したような…。警告音をオフにしておくとカメラのシャッター音が鳴らないバグも修正されました。804NK(N71)で再生出来た一部のMP4動画ファイルがN80では開けないという現象については、以前と変わりありません。ここはガッカリでしたねぇ、せっかくここまでやったのに。

将来日本語版が出たら再度確認してみなければなりませんが、このファームアップによって明らかにメモリの使用量が減ったと思います。今までは再起動直後で14MBほどあれば良かったのが、現在は18MBほどあります。気のせいかもしれませんが、アプリ終了後のメモリ開放も以前より比較的うまく行っているような感じ。

12月にはまた新しいファームが出るとか出ないとか。お願いだから日本語ファームも出してくださいよ…。今のままでも一応使えるけど、やっぱり日本語ファームの環境の方が総合的には便利ですね。



   


Nokia PC Suite 6.82.22.0

  • 2006/11/24(金) 22:30:15

つい先日アップデートしたばかりなのに、PC Suiteのバージョンが少し上がりました。こういう日数があまり経たないうちのバージョンアップって、大抵その時のバージョンに問題があるからなんですよね…。

変化はよくわかりませんが、自動更新のお知らせが出たら忘れずに更新しておきましょう。



   


Mobi Reader 6.0 Beta

  • 2006/11/24(金) 07:21:12

正式版は5.2ビルド548ですが、いつの間にか6.0βというのが出てました。ダウンロード」はMobipocketのページ内にある、β版のページから。

5.2ではasahi.comを読んだときに「このブラウザはJavaスクリプトに対応していません」というメッセージが記事一つ一つに保存されていましたが、6.0ではそれが無くなって読みやすくなりました。PC側のウインドウが従来の青基調からWindows Vistaをイメージしたらしい黒基調に変更になり、ちょっとカッコいいです。



   


Screenshot v2.50

  • 2006/11/23(木) 20:23:14

いつも使ってるスクリーンショットアプリが2.45から2.50になりました。変更点が見当たらないので、細かいバグフィックスくらいかなと推測してます。目に見える変化としては、起動画面に下のように操作方法が表示されるようになりました。

06-11-23-01.jpg



   



title= /%calender_sunt=tendonzakki02-22 name= title=%topentry_categorya href=div id= / rows=a href=%topentry_link name= name=